初代名誉駅長「ばす」の後任として、7年前のクリスマスイブにネコ駅長に就任した「らぶ」
かわいらしい表情を振りまき、芦ノ牧温泉駅に訪れた人を和ませてきた。

2022年8月に腎臓の病気が見つかり、これまで投薬治療を続けてきたという「らぶ」
会津鉄道によると、10月5日午後0時56分に天国へ旅立った。

芦ノ牧温泉駅を守る会駅員・大関美智子さん:「お利口さんだったので、言うこと聞いてすごい皆さんにも通じてたかと思うんですけど、私たちスタッフ一同も悲しくてしょうがないんですけど。お別れではなく、ありがとうの言葉をみんなに言っていただきたいと思います」

会津鉄道では、「らぶ」のお別れの会を開く予定だ。

全文はこちら





ネットの反応

らぶ駅長の訃報。ショックでたまりません。

ああ•••。
一昨日に映画で、らぶ駅長を観て来たばかりだったのに•••。

よく頑張りましたね
偉かったよ
虹の橋はゆっくり渡ってね……

7年前のクリスマスの時期に行った時に特別に抱っこさせてもらいました。今思えば凄く懐かしいですがもう会えないとなると凄く寂しくなります。

いきなりの悲報でびっくりしました
ご冥福をお祈りします

今までありがとうございました。
ご冥福を願っています。




沢山の人に愛されていたのがわかるね、本当にお疲れさまでした‥‥