猫 マヌルネコの歌


Livedoorニュース、withニュースより
「意外と獰猛(どうもう)」「最古なネコ」「短いあんよを見せてやんよ」――。リズミカルな歌にあわせて、マヌルネコの躍動感あるジャンプや雪の上で遊ぶ様子が流れる「マヌルネコのうた」。那須どうぶつ王国がTwitterに投稿した動画が100万回再生されています。マヌルネコの魅力とともに知ってほしかったことは、「種の保存」という動物園の使命。制作の経緯や込めた思いを聞きました。

ツイッターに投稿したマヌルネコのうた
「マヌルネコのうた」のミュージックビデオは「国際マヌルネコの日」である4月23日に、栃木県那須町の「那須どうぶつ王国」のツイッターへ投稿されました。
雪が積もった枝の上を歩く様子や、木の陰から何かを狙うような姿――。歌詞には「寒いところに住んでいる」「短いあんよ」「絶滅のおそれあり」といったマヌルネコの生態や現状が盛り込まれています。

一度聞くと、サビの印象的なフレーズ「マヌル ヌルヌル マヌルネコ」が頭から離れなくなります。SNSでも「クセになる」「予想外のかっこよさ」といった反響が寄せられ、これまでにTwitterで約100万回、YouTubeで75万回超、再生されています。

絶滅の恐れがある希少動物
マヌルネコは中央アジア周辺の、乾燥した樹木のない高地の岩場や平坦な草原に生息しています。夏は酷暑で冬は氷点下という過酷な環境です。
生息環境は雑菌が少ないため感染症に弱く、飼育下での繁殖は非常に難しいそうです。ワシントン条約の付属書2に記載されており、将来絶滅の危険性が高い野生希少動物とされています。

クリエイターから「撮らせてほしい」
実は一連の動画は、クリエイティブ・ディレクターの富永省吾さんから昨年5月、那須どうぶつ王国へ「映像を撮らせてほしい」というオファーがあって始まったプロジェクトだといいます。
2019年に那須どうぶつ王国の夫婦(ボルとポリー)から生まれたマヌルネコの子ども(エルとアズ)のYouTube動画を見た富永さんは、一気にファンになったそうです。

コロナ禍で、遠くから動物園を訪れることも難しい時期ですが、「いつか必ず行きたいです」といった声もあったといいます。「このタイミングなので、この動画によるリアルな集客はあまり考えていませんでしたが、『いつか行きたい』と言ってもらえて嬉しかったです。それまでは『マヌルネコのうた』を聞いて楽しみにお待ちいただければ」





頭から離れないPVで癖になっちゃうんですよねぇ
これを機にもっとマヌルネコを知ってもらって動物に興味を持ってもらいたいですね



もっふもふ! 那須どうぶつ王国
那須どうぶつ王国
幻冬舎
2021-04-07